鮮やか、七色帆引き船 かすみがうら

茨城新聞
2018年9月17日

かすみがうら市沖の霞ケ浦で16日、3年ぶりに七色帆引き船が操業し、色鮮やかな帆が湖上に浮かんだ。

行方市商工観光課によると、行方、土浦、かすみがうらの3市による合同操業で、来月本県で開かれる世界湖沼会議を記念した。

湖上イベントには、県内外から300人以上が参加。随伴船に乗り込み、赤と青、紫、黄、緑、オレンジ、白の色とりどりの帆を付けた帆引き船の勇姿を、熱心に写真に収めていた。

地図を開く 近くのニュース
「霞ケ浦」でほかの記事を検索