「氷瀑」へ行こう 日光・庵滝で初のツアー

下野新聞
2020年2月17日

 厳冬期に氷結する奥日光の「庵滝(いおりだき)」を訪れる県日光自然博物館の氷瀑トレッキングツアーが14日、初開催され、参加者ら7人が自然の造形美を堪能した。

 庵滝の氷瀑は年々人気が高まっており、同博物館が来館者の要望などを受けてツアーを企画した。

 一行は竜頭の滝近くの駐車場を出発。小田代原の北西にある庵滝まで約6キロの雪道を歩き、高さ約30メートルの滝の周囲に氷柱が連なる絶景に見入っていた。

 同日正午の気温は約6度。前日の陽気もあって氷柱が崩落した部分があった。同博物館は「天候次第だが、あと1週間は楽しめるのではないか。落氷に注意してほしい」としている。

 埼玉県朝霞市膝折町1丁目、会社員高麗貴子(こまたかこ)さん(49)は「青い氷が美しかった」と話していた。

地図を開く 近くのニュース
氷結した庵滝に見入る参加者