大門通り にぎわい再び 女性2人が雑貨店オープン

上毛新聞
2021年5月20日

 太田市金山町の大光院に続く大門通りににぎわいを生もうと、ハンドメイド雑貨店「Nizi smile☆」(ニジスマイル)がカフェ「クルンモット」内にオープンした。運営する市内在住の山岡裕子さんと佐藤典子さんは「地域を明るくする手助けになれば」と話している。

 2人は子どもを通じて知り合い、裁縫や工作の趣味で意気投合。1年ほど前からクルンモットで雑貨を委託販売するようになった。

 昨年10月、クルンモット店主の鈴木幸代さんから「家賃と光熱費などは当面いらないから、空き部屋を活用してほしい」と提案があった。山岡さんは「いつも(鈴木さんの)地域への熱い思いを聞いていた。感銘を受けて、やってみたいと思った」と話す。

 店内は2人の家族が協力して改装し、明るくアットホームな雰囲気が漂う。山岡さんはマーブルチョコ柄のヘアゴムや、粘土で作ったクッキー、ハーバリウムを制作。佐藤さんはミニチュアのパンや、特殊な液を使って紙に描かれた絵を貼り付ける「デコパージュ」
を使った壁飾りを販売している。

 来店客に円形の紙に笑顔を書いて貼り付けてもらう「スマイルボード」も設置。佐藤さんは「コロナ下でも多くの人に笑ってもらいたい。ボードが笑顔でいっぱいになるのが目標」と意気込む。

 大門通りの店は高齢化が進んでいることや、新型コロナウイルスの影響で来客が落ち込んでいるという。鈴木さんは「若い力で盛り上げてほしい」と期待している。

 午前11時~午後2時。月、金、日曜定休。詳しくは同店のインスタグラム公式アカウント(@nizi ̄smile)へ。(時田菜月)

「雑貨店」でほかの記事を検索 「オープン」でほかの記事を検索