華やか衣装の立雛や豆雛 太田市の古民家で人形展

上毛新聞
2021年3月4日

 群馬県太田市別所町の古民家スペース「古福」で4月3日まで、「雛(ひな)人形展」が開かれている。同市の創作人形作家、天笠玲子さん(77)が丹精込めた作品約20点と、約50年前のひな人形などを展示している。

 華やかな衣装をまとった「立雛(たちびな)」、小さいサイズでかわいらしい表情をした「豆雛(まめびな)」などが来場者の目を引いている 。天笠さんは「懐かしい気持ちになり、心も癒やされると思うので見に来てほしい」と話している。

 豆雛作り体験も行っている。問い合わせは古福(0276-32-0550)へ。

「雛人形」でほかの記事を検索 「古民家」でほかの記事を検索