冬の使者 今年も優美 ガバ沼にハクチョウ飛来

上毛新聞
2020年12月3日

 冬の使者とも呼ばれるハクチョウが館林市と邑楽町にまたがる多々良沼西側の通称「ガバ沼」に飛来し、優美な姿を見せている=写真。ほとりには写真愛好家らが集まり、朝日を浴びた水面へ舞い降りる様子などを撮影している。

 近年は1月下旬から2月上旬にかけて飛来数がピークを迎える。ハクチョウは市中心部の城沼でも見ることができる。

「ハクチョウ」でほかの記事を検索 「ガバ沼」でほかの記事を検索