夏の花に“衣替え” 臨時休園中のぐんまフラワーパークで作業

上毛新聞
2020年4月25日

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休園中のカネコ種苗ぐんまフラワーパーク(前橋市柏倉町)は、見頃を迎えたチューリップを廃棄して夏の花に植え替える作業を進めている。開園記念日の23日も、色鮮やかに咲くチューリップをスタッフが引き抜き、収集車に運んでいた=写真。

 同パークのチューリップは50品種、16万本。大花壇と四季のエリアで育てられ、毎年この時季に園内の目玉として行楽客を出迎えている。スタッフは「大型連休に咲きそろうよう育ててきたが、お客さんに見てもらえず、無残な姿で捨てるのは悲しい」と残念そうに話した。

 【お知らせ】アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます。外出自粛が呼び掛けられていますので、こちらの画像と動画でお楽しみください。

詳細はこちら 「ぐんまフラワーパーク」でほかの記事を検索