来月1日、道の駅サミット 日光街道ニコニコ本陣 関東のトップ3集合 広域連携の可能性探る

下野新聞
2018年9月14日

 【日光】旅行情報雑誌「関東東北じゃらん」の「関東の人気『道の駅』ランキング」で1位に輝いた今市の道の駅「日光街道ニコニコ本陣」の運営を協議する市民委員会、市中心市街地集客拠点施設運営協議会(西岡一明(にしおかかずあき)会長)は10月1日、同道の駅多目的ホールで「道の駅サミット 広域連携フォーラム」を初めて開催する。2位の「道の駅日立おさかなセンター」、3位の「道の駅箱根峠」の代表者らを招き、「関東TOP3」による広域連携会議などを開く。同協議会事務局は「この取り組みをきっかけに、道の駅の新たな可能性を探りたい」と意気込んでいる。

 ランキングは関東の道の駅を「グルメ」や「産直」など8項目で利用者が審査した。

 ニコニコ本陣は世界遺産の二社一寺と鬼怒川温泉街との結節点で立地が良く、塩谷町出身で市にも縁がある作曲家船村徹(ふなむらとおる)さんの記念館を併設するのが特徴。日光のお土産が豊富にそろっていることも評価された。

 ランキング上位の3駅は都心から車で2時間程度の、日帰り旅行に適した立地など共通点があるが、施設ごとに特色が異なる。

 フォーラムでは政策研究大学院の徳山日出男(とくやまひでお)客員教授の講演や参加者交流会なども開かれる。

 連携会議では各駅のおもてなしの手法などを話し合う。ニコニコ本陣の加藤加代子(かとうかよこ)駅長は「(各駅の)オリジナル商品の誕生経緯などをゆっくり聞きたい。これをきっかけに交流イベントを増やしたい」と今後を見据えた。

 午後2~6時(受け付け午後1時半~)。参加無料で25日までに市商工課「道の駅サミット」係にファクス0288・21・5128で申し込む。

 (問)同課0288・21・5136。

地図

地図を開く 近くのニュース