《茨めん》もりそば みずほの村市場 蕎舎(つくば市)

茨城新聞
2018年6月3日

地元農家の新鮮野菜が並ぶ直売所「みずほの村市場」は品質を重視、農家の経営向上に取り組む直売所として全国に知られる。「蕎舎」も志を同じにする。コンセプトは「本物の日本そばを追求し作り続けること」。店主の長谷川成大さんは全国各地で栽培され受け継がれてきた伝統的なそばの文化を後世に伝えたいと考える。地産地消を掲げ、県内を中心に国内産の材料でそば作りに打ち込む。

坂東市のソメノグリーンファームが栽培した「常陸秋そば」を玄ソバのまま仕入れ、丁寧に保管。毎日石臼で自家製粉したそば粉を手打ちする。そばのおいしい条件とされる「ひきたて、打ちたて、ゆでたて」の三たてを実践する。そば粉1に岩手県産小麦粉0.2の割合で作る「外二」のもりそばは、そば粉と水だけで作る「十割そば」との味わいの違いが楽しめるという。もりそばのそばつゆ「カラ汁」は鹿児島県枕崎市産の本枯節でだしを取る。しょうゆなどの調味料、本わさびの薬味も国内産。天ぷらなどに使う野菜は主にみずほの村市場から。「どこで育ったのかを知り、大切に育った命をいただいてほしい」と品書きに産地を記す。

開店して17年。筑西市から移築した趣ある農家住宅の店舗で味わう、そばは格別だ。

つくば市柳橋496
不定休
営業時間は午前11時~午後8時
(閉店時間の変更あり。ホームページに営業日と閉店時間を掲載)
(電)029(886)5006

地図

地図を開く 近くのニュース