ジャパンカップとコラボの自転車お守り制作 宇都宮・多気山持宝院

下野新聞
2016年9月16日
cnts2016091401872_baseimage_r

 【宇都宮】ジャパンカップサイクルロードレースの第25回大会を記念し、田下町の多気山持宝院(伊東永人(いとうえいじん)住職)は、サイクリストの交通安全などを祈願した「JAPAN CUPコラボお守り」を制作し、販売している。 

 お守りはチューブとステッカーの2タイプ。チューブは長さ約17センチで、自転車のハンドルやサドル下部などに巻き付けられる。柄は5種類あり、価格は各1千円(税込み)。ステッカーは縦8・2センチ、横4・6センチで1枚300円(同)。ジャパンカップ期間中は大会オフィシャルショップなどでも販売する。 

 (問)同院028・652・1488。

地図 →

この付近の観光ニュース →

栃木

秋の古賀志を疾走 優勝はヴィッレッラ ジャパンカップ・ロード

約3km
栃木

みんな「にっこり」 鹿沼で親子らナシ狩り

約5.4km
栃木

スター・ウォーズ展、来館2万人 宇都宮美術館

約6.1km
栃木

ギョーザ?実はスイーツ 地産イチジクでコンポート、宇都宮・徳次郎地区の有志ら開発

約6.3km
栃木

ハロウィーンと連動、国際交流にぎわう かぬまワールドフェス

約7.1km
栃木

ユネスコ登録祝う手ぬぐい 「彫刻屋台」テーマに製作 鹿沼

約7.8km