石下将門まつり 水害からの復興祈願

茨城新聞
2016年8月16日

平将門ゆかりの地、常総市新石下の地域交流センター駐車場で15日、「石下将門まつり」が行われ、軽快なおはやしが響く中、地域住民が伝統の盆踊りを披露した。

誰でも気軽に踊れるという意味から「のろばか踊り」と名付けられた盆踊り。将門の遺領である旧豊田郡(旧石下町)に古くから伝わり、全国でも数少ない大衆民俗舞踊の一つという。

昨年9月に発生した水害からの復興も祈願して開催。会場には新しい600個のちょうちんが飾られた。実行委員長の長行雄さん(69)は「毎年子どもから大人まで盆踊りに参加する。盆踊りの輪が広がるように、地域の絆も広がれば」と期待。

地図 →

この付近の観光ニュース →