野外歌舞伎、夏の街彩る 豪華絢爛「山あげ祭」 那須烏山

下野新聞
2016年7月23日

 国指定重要無形民俗文化財の日本最大級の野外歌舞伎「山あげ祭」が22日、那須烏山市の烏山地区で始まった。24日まで。

 ことしの当番町は金井町。山あげ祭の祭事「烏山の山あげ行事」は今秋にもユネスコ無形文化遺産の登録が予定されている。

 例年になく涼しい気候となったこの日、若衆らが巨大な背景画「はりか山」を路上に立ち上げ、屋台や地車(じんぐるま)などを組み変え、野外舞台を設営。舞台上では常磐津の三味線や浄瑠璃に合わせ奉納余興「将門」や「蛇姫様」を上演した。

 観客はあでやかで絢爛(けんらん)豪華な世界に酔いしれた。また山あげ祭に合わせ24日まで那須烏山商工会では陶芸作家8人の「烏山燦陶会展」も開かれている。

>山あげ祭〔那須烏山市(烏山)〕|イベントを探す | とちぎ旅ネット

動画

地図 →

この付近の観光ニュース →