コウゾの加工、大子で最盛期

茨城新聞
2016年1月28日

大子町で和紙の原料コウゾの加工が最盛期を迎えている。同町大沢の藤屋商店では早朝から、蒸したコウゾの皮をむく作業に追われている。

コウゾは大釜で1時間半蒸した後、皮が冷えて固くなる前に、むく作業に取り掛かる。作業場は、湯気と独特の甘い香りが立ちこめ、床は皮で埋め尽くされた。

「大子のコウゾは繊維が細かく、丈夫で滑らかな紙ができる」。同商店の斎藤邦彦さん(69)は胸を張る。皮は3日ほど天日干しされ、福井県や岐阜県などの和紙生産者に出荷される。

地図

地図を開く 近くのニュース