合格祈願し絵馬奉納 ひたちなかの中3生ら

茨城新聞
2015年12月21日

ひたちなか商工会議所の「縁起のいいまち☆ひたちなか推進協議会」(石川昭一会長)は20日、同市磯崎町の酒列磯前(さかつらいそさき)神社で絵馬奉納式を開き、高校受験を控えた市内の中学3年生らの合格祈願絵馬など計3200枚を九つの中学校3年生代表40人と奉納した。絵馬の奉納式は11回目。

同協議会によると、絵馬は高校受験を控えた勝田地区の中学3年生を応援する行事でスタート。12月初めのJR勝田、佐和、ひたちなか海浜鉄道湊線那珂湊の3駅前で行うイルミネーション点灯式を訪れた家族連れや市民に呼び掛けて絵馬を作成。3駅にはそれぞれ絵馬が置かれて自由に願い事が書けるようになっている。

絵馬には合格祈願をはじめ、「幸せになろう」「パイロットになれますように」など内容はさまざま。絵馬は本殿に飾られ、祝詞(のりと)が上げられ、3年生代表が玉串をささげた。

式終了後、3年生代表らに縁起のよい「かつロール」などが振る舞われた。

地図 →

この付近の観光ニュース →