【ちょっと一息】蔵造り風の外観 道の駅くらぶち 小栗の里(高崎市倉渕町三ノ倉)

上毛新聞
2021年3月13日

 高崎市内唯一の道の駅。2014年4月にオープンした。草津温泉や北軽井沢などに向かう途中にあり、観光客が気軽に立ち寄れるとあって人気だ。

 地元のスギ材を使った蔵造り風の外観が特徴的。地元産の野菜をはじめ、パンやみそなどの加工品が並ぶ。食堂「おもてなし処小栗」では、郷土料理のおきりこみ鍋(770円)や倉渕産のトマトを使ったカレー(820円)などが好評だ。

 同町では20日に花火競技会、4月4日にトレイルランニング大会などのイベントも予定されている。道の駅駅長の塚越正平さんは「多くの人に自然豊かな倉渕を楽しんでもらいたい」と話している。

 午前9時~午後6時。入場無料。問い合わせは同駅(☎027-384-8282)へ。

「おきりこみ」でほかの記事を検索 「パン」でほかの記事を検索