雰囲気洗練、18日に新装開業 ホテルグランビュー高崎

上毛新聞
2020年8月19日

グランビュー(高崎市柳川町、木本高一朗社長)が事業運営するホテルグランビュー高崎(同所)は、昨年7月から進めていた大規模改装が終了し、18日にグランドオープンする。

エントランスは鏡と光を効果的に使い、洗練された雰囲気を増した。客室は全112室を刷新し、露天風呂=写真=付きのグランビュースイート(65平方メートル、1泊9万円)や、シングル(16~18平方メートル、同1万3000円)などを用意した。

新設する屋上露天風呂は来春利用を始める予定。隣接する2階建て3層の立体駐車場も建設中で、12月ごろからの運用を見込んでいる。

オープニングキャンペーンとして、全客室をほぼ半額で提供する。同スイートは4万7300円、シングルは6800円などとなる。キャンペーン期間は年内いっぱいを予定している。

キャンペーンの詳細や問い合わせは同ホテル(027-322-1111)へ。

「ホテルグランビュー」でほかの記事を検索 「オープン」でほかの記事を検索