《お店紹介》水素の家 みんなのパン もっちりとした食感

2020年7月30日

2月にオープンしたベーカリーショップ。代表の葛西詔子(しょうこ)さん(65)らパン作りが好きな女性5人で切り盛りする。厳選した国産小麦粉と水素水、太白(たいはく)ごま油や大豆バターなどを使い、全員で協力してこだわりのパンを焼いている。スタッフは「水素水を使うと小麦の味が引き立ち、もっちりとした食感になる。ぜひ食べてほしい」と来店を呼びかける。

人気は「粒あん・ずんだ」「さくらあん・うぐいす」といった2種類のあんを味わえるあんパン(250円)と食パン(1.5斤850円~)。そのほかクリームパン(250円)や季節の野菜を使用した総菜パン(250円~)、かみ応えのあるハード系パン(同)など多彩な品をラインアップ。お客さまの要望や意見を基に新作が登場することもあるという。

[[image:https://vos.line-scdn.net/news-cms/item/oa-jomo/37ccbd2a1c7ded9af6480a46fcb07487f668065b]]

スタッフの渡辺克枝(よしえ)さん(62)は「気軽に立ち寄って、好みのパンを味わってほしい」と話している。本文中の価格は税別。

住所 飯塚町364-3
☎  080-2071-7327
営業 11時30分~17時
休み 不定休

「ベーカリーショップ」でほかの記事を検索 「パン」でほかの記事を検索