《ちょこっとグルメ》涼しげ 夏の水大福

上毛新聞
2020年7月10日

おか田(沼田市柳町)
0278-22-1450

 千葉県習志野市から2014年に沼田市に移住した岡田久美子さん(73)が都内で和菓子店を経営していた経験を生かし、昨年1月に夫婦で開業した。住宅街の中にひっそりと建つ隠れ家風の店舗の扉を開けると、目の前にずらりと手作り和菓子が並ぶ。

 店頭の菓子は季節ごとに異なるラインアップを用意し、今は水ようかん(160円)や水まんじゅう(180円)など、夏の和菓子をそろえている。中でも水大福(180円)が人気という。春はイチゴ大福、秋には栗蒸しようかんといった四季の旬の食材を使った和菓子が楽しめる。

 開業から1年半が過ぎ、日ごろのお茶菓子や手土産などに利用されることが増え、地元住民から愛されている。岡田さんは「県内では新型コロナウイルス感染拡大の勢いも収まってきたので、お土産などで買ってもらえたら」と話している。

 ▽営業 10~17時
 ▽定休日 月曜
 ▽これもお薦め くず桜(160円)

「水大福」でほかの記事を検索 「沼田」でほかの記事を検索