「山あげ」前夜祭も熱気 那須烏山できょう開幕

下野新聞
2018年7月27日

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)無形文化遺産の「烏山の山あげ行事」を行う「山あげ祭」が27~29日、那須烏山市の烏山地区中心部で開かれる。26日夜の前夜祭では「笠揃(かさぞろえ)」と呼ばれる最初の奉納余興が同市中央3丁目の路上で披露され、豪華絢爛(けんらん)な野外劇が見物客らを魅了した。

 今年の当番町は泉町。若衆らは烏山和紙を貼り合わせて絵を描いた高さ10メートルを超える大山を立ち上げるなどし、奥行き100メートルにも及ぶ舞台を設営した。夜空の下、踊り子が三味線や唄に合わせて「三番叟(さんばそう)」と「将門」を演じた。

 泉町若衆筆頭世話人の菊池祐一(きくちゆういち)さん(40)は「本番に向けてしっかり準備してきた。台風だけが心配だが、泉町らしい祭りにできれば」と力を込めた。

 3日間で計15回の奉納余興やイートスペースの設置、各種イベントが予定されているが、天候によって変更される可能性もある

写真


地図

地図を開く 近くのニュース