ネモフィラの丘イメージ 青いクッキー商品化 ひたちなか、期間限定販売

茨城新聞
2018年5月7日

ひたちなか市の菓子製造販売「お菓子のきくち」がお土産用に、ネモフィラの丘をイメージした青いクッキーを発売した。

市内の国営ひたち海浜公園には約450万本のネモフィラが咲き、海外からも観光客が訪れて一大観光地になっている。

クッキーは、青く着色したメレンゲにココナツのパウダーを混ぜた。軽い食感に良い口溶けが特徴。パッケージにはネモフィラが一面に描かれている。

1箱10個入りで648円(税込み)。同社の直営店と同公園、JR勝田駅の「ニューデイズ」で5月中旬までの期間限定で販売している。

同社の担当者は「これまで地元の菓子店が開発したネモフィラの土産物はなかった。丘を駆け抜ける風を表現したクッキーになっている」と話す。

地図

地図を開く 近くのニュース