鹿島臨海鉄道 貸切列車で宴会いかが 5月7日から運行

茨城新聞
2018年4月11日

列車内で宴会や結婚式はいかが-。鹿島臨海鉄道(本社・大洗町)は5月7日から、車両1両を一般に貸し出す「貸切列車」の運行を始める。同社はこれまで、団体臨時列車は運行していたが、商品として、車両を貸し出すのは初めて。

貸切列車は、通常運行の列車に1両追加し、その車両を貸し切りにできる。定員120人(座席56席)。料金は、水戸駅から新鉾田駅の往復(約2時間30分)で8万円、水戸駅-鹿島神宮駅往復(約3時間40分)で14万円などとなっている(いずれも税込み)。

列車内への飲食物の持ち込みは自由だが、こんろなどの火気は使用できない。また、別料金でテーブルの設置、弁当の手配などもできる。

申し込みは、希望日の1カ月前までに電話かファクス、メールで。キャンセル料は運行日の8日前までは無料。問い合わせは、同社(電)029(267)5200

地図

地図を開く 近くのニュース