イチョウ並木、一気に黄金色に 壬生の獨協医大前

下野新聞
2016年11月9日
見頃を迎えているイチョウ

 【壬生】北小林の獨協医大南側通り沿いのイチョウが黄金色に色づき、秋風に揺れる葉が人々の目を楽しませている。

 イチョウ並木は500メートルに渡り、200本ほど植栽されている。まだ緑の葉も残っており同大広報担当者は「ここ数日で一気に色づいた。今週末ぐらいが見頃なのでは」としている。

 薄曇りとなった8日午前中には、病院を訪れた人や学生らが並木を見上げ、足を止めていた。

地図 →

この付近の観光ニュース →

栃木

「冒険の旅」アプリ導入 壬生町おもちゃ博物館、利用者層拡大に活用

約2km
栃木

県子ども科学館 15日から企画展「音で旅する夏休み」 音の仕組み、癒やし体験も

約5.8km
栃木

漫才の稽古、無料公開 下野出身コンビ「シモツケ」

約6.1km
栃木

かんぴょうむき 勢いよく 上三川で本格化

約6.6km
栃木

ニッコウキスゲ雨に輝く 宇都宮・遺跡の広場

約8.7km
栃木

車いすから摘みやすく 宇都宮 観光農園でブルーベリー

約9.9km