イチョウ並木、一気に黄金色に 壬生の獨協医大前

下野新聞
2016年11月9日
見頃を迎えているイチョウ

 【壬生】北小林の獨協医大南側通り沿いのイチョウが黄金色に色づき、秋風に揺れる葉が人々の目を楽しませている。

 イチョウ並木は500メートルに渡り、200本ほど植栽されている。まだ緑の葉も残っており同大広報担当者は「ここ数日で一気に色づいた。今週末ぐらいが見頃なのでは」としている。

 薄曇りとなった8日午前中には、病院を訪れた人や学生らが並木を見上げ、足を止めていた。

地図 →

この付近の観光ニュース →