足元に「秋」発見 クリ拾い楽しむ 桐生・黒保根 

上毛新聞
2016年9月22日

ㅤ秋の味覚、クリが旬を迎えた。農園では割れたいがの中から大粒の実が顔を出しており、家族連れがクリ拾いを楽しんでいる=写真。
ㅤ桐生市黒保根町下田沢の星定観光農園(星野誠園主)には15アールの栗林があり、「出雲」「筑波」「利平」の3品種が植えられている。関係者は「今年は時季が早いが、月末まで楽しめる」と話している。問い合わせは同園(☎0277・96・3708)へ。

写真