菊の里「大那」、ANA国際線機内酒に 大田原

下野新聞
2016年9月2日

 大田原市片府田の菊の里酒造の純米酒「大那(だいな) 特別純米 生酛(きもと)造り」が全日空(ANA)国際線の機内提供酒に選定され、1日からファーストクラスとビジネスクラスで提供が始まった。

 同純米酒は那須町産米「美山錦」を使い、生酛造り特有の深みのある味わいが特長。全日空日本酒アドバイザー太田和彦(おおたかずひこ)氏に推薦された。2017年5月まで欧米、シンガポール、デリー路線などに搭載される。

 ほかに八百新酒造(山口県)、竹の露酒造(山形県)の純米酒が選ばれた。

地図

地図を開く 近くのニュース