夜空彩る1万2000発 鹿嶋で花火大会

茨城新聞
2016年8月28日

夏の風物詩、第38回鹿嶋市花火大会が27日夜、同市大船津の北浦湖畔で開かれ、約1万2千発に及ぶ豪華絢爛(けんらん)、色とりどりの光の芸術に多くの見物客が酔いしれた。同市観光協会主催。

花火はスターマインをはじめ関東一とされる尺玉108連発などが豪快に打ち上げられ、湖畔に立つ鹿島神宮の「一之(いちの)鳥居」が美しく照り映えた。見事な大輪の華に見物客からは「たまやー」の掛け声や「きれい」などと感嘆の声が上がった。

昨年に続き、同市のふるさと納税の返礼品としてメッセージ付き花火も実施。「結婚しよう」とプロポーズのメッセージがアナウンスされると祝福の拍手が送られた。 

地図

地図を開く 近くのニュース