御利益あるかも?白いナマズ 大田原 なかがわ水遊園でお披露目

下野新聞
2016年6月9日

 【大田原】県なかがわ水遊園で8日、「白色のナマズ」の展示が始まった。

 白いナマズは5月2日、同園近くの那珂川で鹿沼市の男性が釣り上げ、同園に持ち込んだ。同園によると、色素を作る機能が一部失われて白くなったとみられ、100万匹に1匹の割合で生まれるとされる。自然界で生き残るのが難しいため発見は珍しく、各地で「弁天ナマズ」としてあがめられている。

 白いナマズは体長約50センチで推定約20歳。水槽の底でじっとしているが、ひときわ目立っている。

 (問)同園0287・98・3055。

地図

地図を開く 近くのニュース