地酒「澤姫」、コミックに登場 反響で一時品切れも 宇都宮

下野新聞
2016年5月14日

 【宇都宮】白沢町の井上清吉商店(井上裕史(いのうえひろし)社長)が醸造販売する「澤姫 生酛(きもと)純米 真・地酒宣言」が、漫画雑誌「グランドジャンプ」(集英社、月2回発行)に連載中のコミック「いっぽん!!~しあわせの日本酒~」(原作・増田晶文(ますだまさふみ)、漫画・松本救助(まつもときゅうじょ))で紹介された。益子焼とともに「地元の素材を大切にし伝統を踏まえつつ、現代のセンスも取り入れている」と全国にPRされ、一時品切れするほどの人気となっている。

 「いっぽん!!」は、都内の老舗百貨店に勤める24歳の女性が主人公。人一倍舌が肥えていることから、百貨店の命運を懸けた日本酒銘酒展の責任者に抜てきされ、全国の実在する酒蔵を訪ね歩く物語。さまざまな人との出会いを通じて日本酒の魅力を伝えている。

 澤姫は4月20日号で登場した。主人公は澤姫と益子焼を例に、地方で生まれた地酒と陶器の類似点を挙げ、地方に密着することで個性の花が咲いたと評価。自宅で一人晩酌するシーンでは「濃厚なのにくどくなくて香りもいい」と絶賛している。

地図

地図を開く 近くのニュース