「国家的事変」の予兆?? とちぎ花センターで伝説の花見頃

下野新聞
2016年3月10日

 栃木市岩舟町下津原のとちぎ花センターで、開花すれば国家的事変が起こるといわれる「トビカズラ」が咲き、見頃を迎えている。

 黒紫色の大きなチョウ型の花が20個ほど房状に集まって咲く植物で、昨年から展示を始めた。日本では九州のごく一部の地域にしか自生しておらず、展示している植物園も全国的に少ない珍しい花だという。

 どんな事件が起こるか気になるが、同センター展示担当の稲葉英雄(いなばひでお)さん(46)は「面白い言い伝えですが、実は昨年も咲いてます」と笑みを浮かべていた。

地図 →

この付近の観光ニュース →