神橋うっすら雪化粧 日光、冬の誘客へ待望

下野新聞
2016年1月16日

 全国的な暖冬が続く中、日光市日光地区で15日夜から今冬初めて本格的な雪が降り、道路にうっすらと雪が積もった。同地区の中心市街地で雪が降り始めたのは同日午後8時すぎ。夜間にライトアップされている日光二荒山神社の神橋は幻想的な雰囲気に包まれた。

 日光市内は新年を迎えても積雪がほとんどなく、雪を活用した誘客イベントの延期も。関係者にとっては待ちに待った雪だったが、約2時間後の午後10時すぎにはやんだ。宇都宮地方気象台は「直近では17日夜から18日にかけて雪が降る可能性が高い」とみている。

地図

地図を開く 近くのニュース