医療従事者へエールの青 白衣大観音に祈りを 高崎・慈眼院

上毛新聞
2020年4月27日

 新型コロナウイルス感染症への対応のために、医療従事者らを応援しようと、高崎市の白衣大観音が5月6日まで、青色にライトアップされている。

 青く光った観音像が街を見下ろし、幻想的な雰囲気となっている。観音像がある慈眼院の橋爪良真住職は「ウイルスの感染拡大を防ぐために、遠くから手を合わせてほしい」と呼び掛けている。

 ライトアップは午後7~10時。新型コロナの感染拡大を防ぐため、29日から5月6日までは胎内拝観を取りやめる。

「白衣大観音」でほかの記事を検索 「ライトアップ」でほかの記事を検索