「シルクスイートポテト」発売 カネコ種苗のサツマイモ使用 清月堂のDC向け新商品

上毛新聞
2020年2月29日

 菓子製造販売の旅がらす本舗清月堂(前橋市新堀町、糸井義一社長)は、カネコ種苗(同市古市町)が開発したサツマイモ品種「シルクスイート」を使った新商品「シルクスイートポテト」を発売した。4~6月の大型観光企画「群馬デスティネーションキャンペーン(DC)」で土産物として売り込む。

 シルクスイートの滑らかな舌触りと品の良い甘さがスイートポテトに最適と判断した。赤城山麓養蜂場(同市勝沢町)が手掛けた蜂蜜も使い、柔らかな甘みと表面の照りを出している。

 個包装などにはシルクスイートの名称が目立つようレイアウトし「商品から品種の魅力も伝えたい」という。

 食材や開発ストーリーを本県にこだわった「故郷(ふるさと)シリーズ」で、昨年発売した「旅がらすふるさと最中(もなか)」に続く第2弾。糸井社長は「前橋銘菓として認知度を上げ、群馬の発展、DCの成功につなげたい」と話す。

 商品で使うシルクスイートは、同品種を多く生産する茨城県などから取り寄せるが、前橋市内の農家に今年栽培してもらう確約が取れたことから、年末ごろから同市産を素材に使える見通しだ。

 8個入りで1600円。本社直売所や小鳥町店(高崎市小鳥町)、スズランの前橋と高崎両店、JR高崎駅構内の土産物店「群馬いろは」などで取り扱う。

「シルクスイートポテト」でほかの記事を検索 「サツマイモ」でほかの記事を検索