甘さ控えめ 上品な味わい

上毛新聞
2019年11月30日

おはぎ専門店 ももすず

 長野県出身の中沢加代子さんが5月に店を構えた手作りおはぎの専門店。同県産のもち米とうるち米を使用、1番人気の「あんこ」は北海道産のあずきを6~7時間炊いて仕上げている。甘さ控えめで上品な味わいだと好評だ。

 このほか「きなこ」「ずんだ」「紫いも」「くるみ」など常時15種類(各200円)ほどを用意する。プチサイズのおはぎが12個入った「幸せの玉手箱」(上の写真、2020円)もおすすめで、手土産としても喜ばれそうだ。

 店内で飲食もでき、自慢のあんこをパンの上にのせた「小倉トーストセット」(780円)をはじめ、フローズンヨーグルトアイスや各種スムージーなどドリンク類も充実している。

 中沢さんは「おはぎが好きな人が多いことに驚いた。気軽に立ち寄って、日本の伝統の味を楽しんで」と話している。電話での注文にも応じている。

▽住所 高崎市大橋町130
▽電話 027-335-6869
▽営業 10時30分~
    売り切れ次第終了
▽休み 月曜日ほか

「おはぎ」でほかの記事を検索