《職人名鑑》ルースター(桐生市本町) 新井雄一さん(50) 自然素材のラーメン

上毛新聞
2019年10月25日

 うま味調味料を使わず、自然素材の味にこだわったラーメンを提供する店を、中心街の本町通り沿いに7年半ほど前に開業。明るい内装で女性も入りやすく、優しい味わいが高齢者や子どもからも評判だ。夜はワインバーへと装いを変え、地元の大人がゆっくりと美酒を味わう場をつくっている。

 シンプルで飽きず、深みのある自然素材の味を、約10年前から独学で追究。家族や友人にその味を振る舞うと喜ばれた。都内のスペイン料理店でのソムリエ経験も合わせ、地元で店を開いた。

 ラーメンは醤油(しょうゆ)、塩の2種類で、つけ麺にもできる。「醤油ラーメン」(750円)のスープは、国産の丸鶏をベースに、カツオやサバの本枯れ節などを加えて煮込んだものに、岡直三郎商店(みどり市)の醤油を4種類ブレンドしたこだわりの味。自家製の全粒粉入り細麺を合わせ、いずれも県産肉の煮豚と炭火焼きチャーシュー、メンマを載せる。後味がすっきりしており、スープも飲み干したくなると評判だ。

 「今後も丁寧に仕込んだ健康的なラーメンを提供したい」と柔和にほほ笑む。

「ラーメン」でほかの記事を検索 「自然素材」でほかの記事を検索