ネモフィラの丘“花の海” ひたち海浜公園

茨城新聞
2019年4月28日

ひたちなか市馬渡の国営ひたち海浜公園で、かれんな青色の花を咲かせるネモフィラが見頃となり、群生する丘は、さながら“花の海”となっている。

ネモフィラは同園の「みはらしの丘」の約3・5ヘクタールに約450万本が植えられている。ゴールデンウイーク(GW)初日の27日は約3万人が詰め掛け、来園者は記念撮影や丘の散策などを楽しんでいた。同園によると、今年はGWいっぱい、ネモフィラの見頃が続くため、10連休となる同期間の来園者を過去最高の約60万人と予想している。

地図を開く 近くのニュース

「国営ひたち海浜公園」でほかの記事を検索