《茨めん》とろーりチーズのスパゲティ 下妻イタリアン ダ・フィオーレ(下妻市)

茨城新聞
2019年4月7日

ぐつぐつという音が聞こえそうなほど熱々で供される「とろーりチーズのスパゲティ」。「下妻イタリアン ダ・フィオーレ」のオーナーシェフ、山岸真毅さんは「1999年の開店以来の人気シリーズ」と話す。「海の幸ホワイトソース」「もちとめんたいこMIX(みっくす)ソース」など定番の5種類に加えて、お薦めメニューを黒板に掲示する。「カニエビキノコホワイトソース」は一番人気という。たっぷりかかったデンマーク産モッツアレラチーズがとろけ、その下にはソースと具がよく絡んだスパゲティが隠れている。イタリア産のスパゲティは1.75ミリと太めで、濃厚なソースによく合う。

道路沿いにイタリア国旗を掲げ、店内は明るい雰囲気。フィオーレはイタリア語で花を意味する。「スタッフ一同、“アモーレ下妻”が合言葉。下妻を愛している」。そんな思いを込めて「下妻イタリアン」と名付けた。野菜や卵、豚肉など食材はなるべく地元から仕入れるのも“下妻愛”の証しだ。

火・木・土曜はビュッフェランチ。ほかの曜日は、スパゲティやピザなどが選べるランチ4種類でドリンクとデザートが付く。夜は気軽に楽しめる数種類のコースが人気。女子会や食事会などの利用も多い。

下妻市下木戸171の7
午前11時~午後4時(ラストオーダー同3時)、午後5時半~10時半(ラストオーダー9時半)
(電)0296(45)1966

地図を開く 近くのニュース
「茨めん」でほかの記事を検索