クリ コロコロ、秋色づく 笠間

茨城新聞
2018年9月14日

全国有数の産地として知られる笠間市で、秋の味覚クリの出荷がピークを迎えている。今年は雨が少なく気温が高かったため、実は小粒だが甘みの強い出来だという。

同市湯崎のJA常陸栗選果場では、毎日約5トンのクリが農家から持ち込まれる。多い時には8トンほど集まる。従業員らが手作業で選別し、機械で粒の重さごとに分類。ダンボール箱にぎっしりと詰められていった。

常陸農業協同組合栗部会の金子祥一部会長(67)は「今年のクリは甘い。栄養が豊富だから家庭でも簡単にできるアゲクリなどを作って食べてほしい」と笑顔で話した。

同選果場では、首都圏を中心に関西方面にも出荷される。


地図

地図を開く 近くのニュース