夜景と料理楽しむ 千波湖 川床設けイベント

茨城新聞
2018年5月12日

湖岸に座敷を設けて夜景と食事を楽しむ「千波湖川床ナイト」が11日、水戸市の千波湖で始まった。昨年に続き2回目。市内の7飲食店が、特別メニューを提供する。初日は約250席が完売した。仕事帰りの会社員らが市街の夜景や湖面に揺らぐ明かりを堪能しつつ、地元の料理と酒に舌鼓を打った。
オープニングの式典で、主催した水戸商工会議所の桜場誠二副会頭は「観光客を呼び込み、水戸の活性化につなげたい」とあいさつ。夫らと6人で訪れた、ひたちなか市の礒崎智香子さん(26)は「市街地から近く、落ち着ける場所があるのに驚いた。また開催されれば来たい」と話していた。
イベントは26日までの金曜と土曜に開かれる。各日午後6時から9時半まで。各店への予約が必要。「えん」「割烹 魚政」「ステノグループ」の3店は受け付け中。完売となり次第締め切る。申し込みは特設ホームページhttps://mito.inetcci.or.jp/kawadoko/

写真


地図

地図を開く 近くのニュース