発車メロディー決定 足利のJR両毛線「あしかがフラワーパーク駅」

下野新聞
2018年2月21日

 【足利】迫間(はさま)町で4月1日に開業するJR両毛線の新駅「あしかがフラワーパーク駅」の発車メロディーが、バイオリニスト古沢巌(ふるさわいわお)さん演奏の「Fine Day!」に決まった。古沢さん自身が弾いた曲をそのまま使用する。和泉(いずみ)聡(さとし)市長が20日の定例記者会見で明らかにした。

 古沢さんは市の魅力を全国に発信する「あしかが輝き大使」を務めている。田島町のワイン醸造所「ココ・ファーム・ワイナリー」の取締役で、毎年11月の収穫祭では演奏会を開くなど市との縁は深い。

 「Fine Day!」は民放の朝の情報番組でテーマソングとして使用されていた。「一般になじみがあり、わくわく感もある」と市側が古沢さんに打診して決まった。

 メロディーは上り線用と下り線用の2パターンで、各15秒程度。4月1日午前9時25分にフラワーパーク駅を出発する高崎行きから使用を開始する。

 和泉市長は「軽快なリズムで、多くの人に喜んでもらえるメロディーになった」と話した。

地図を開く 近くのニュース
「あしかがフラワーパーク」でほかの記事を検索