厳寒、川面に氷の花 大子

茨城新聞
2018年1月26日

日本列島に流れ込んだ強い寒気の影響で、県内は25日、常陸大宮で氷点下9・3度、大子で同9・2度を記録するなど、この冬一番の冷え込みとなった。大子町の八溝川や久慈川では、冬の寒い朝を象徴するシャーベット状の氷花(シガ)が川面を流れる現象が見られた。

水戸地方気象台によると、県内でほかに気温が低かったのは、笠間の同7・6度▽北茨城の同7・4度▽日立、下妻の同6・2度-などだった。

シガは、無数の氷のかけらが集まって水面を流れる現象で全国的にも珍しいという。25日早朝は、大子町久野瀬付近の撮影ポイントにカメラマンが集まり、盛んにシャッターを切っていた。

地図

地図を開く 近くのニュース