4スキー場が時間制リフト券 利根沼田

上毛新聞
2017年12月18日

利根沼田地域にある四つのスキー場は、好きなゲレンデを回遊できる時間制の共通ICリフト券「POWDER(パウダー)4ぐんま」を発売した。16日から全てのスキー場で利用可能。運営会社の垣根を超えて連携し、地域活性化と誘客につなげる。
利用できるのはホワイトワールド尾瀬岩鞍(片品村)、丸沼高原スキー場(同)、宝台樹スキー場(みなかみ町)、川場スキー場(川場村)。
共通券は1時間区切りの時間制で、リフトゲートを通過すると残り時間が表示される。残り時間がある限り、シーズン中はいつでも利用でき、1日のうちに全てのスキー場で滑ることもできる。
共通券は10時間券が8500円、20時間券が1万6千円。インターネットリフト券販売サイトの「WINTER PLUS(ウインタープラス)」で購入できる。
ホワイトワールド尾瀬岩鞍の星野優一営業本部長(35)は「時間制共通券はスキー業界初の試み。景色やコースの違いを楽しんでほしい」と話している。

地図

地図を開く 近くのニュース