モリアオガエル木々に“白い泡” みなかみ

上毛新聞
2017年7月9日

本県のレッドリストで凖絶滅危惧種に指定されているモリアオガエルが産卵期を迎えた。みなかみ町小川大峰山の古沼では夜から明け方にかけて、直径約15センチの白い泡状の卵塊が沼にせり出した木の枝に出現する=写真。
町文化財調査委員の飯塚満之さん(62)によると、メスに数匹のオスが集まり、受精時に出る粘膜を脚でかき回して卵塊を作る。中には卵が500個前後あり、約10日でオタマジャクシになって水中に落ちる

地図 →

この付近の観光ニュース →