水面彩るスイレン 日立・鵜の岬

茨城新聞
2017年5月30日

国民宿舎「鵜の岬」(日立市十王町)がある伊師浜国民休養地内の池で、スイレンの花が咲き、水面を鮮やかに彩っている。

スイレンは5000本以上。水中から伸びた茎の先に白やピンクの花びらを開き、初夏の日差しを受けて水面で輝く。散策に訪れた人たちが足を止め、遊歩道から写真を撮るなどして楽しんでいる。

同市川尻の大竹幸江さん(76)は「冬には何も無かった池に無数の花が咲いてとてもきれい。潮風も心地いい」と笑顔を見せた。鵜の岬の関係者によると、見頃は6月中旬ごろ。

地図

地図を開く 近くのニュース