帆引き船、ライトアップ 霞ケ浦

茨城新聞
2016年12月11日

湖上に漂う明かりは、まるで「キャンドル」のよう-。かすみがうら市の霞ケ浦志戸崎沖で10日夕、観光帆引き船のライトアップが行われた。帆引き船の新たな魅力を引き出そうと、霞ケ浦帆引き船まつり実行委員会が2010年に始めた。

冬晴れの中、夕焼け空に黒く富士山が浮かび、辺りが闇に包まれると、月明かりの下、船は湖上のろうそくのように波間を漂う。

その幻想的な光景をカメラに収めようと、並走する漁船に乗り込んだ多数のカメラマンが、盛んにシャッターを切っていた。

地図 →

この付近の観光ニュース →