わ鉄17駅 光のライン

上毛新聞
2016年12月7日

わたらせ渓谷鉄道の冬を彩る「各駅イルミネーション」が4日、桐生―間藤駅間の全17駅で始まった。みどり市大間々町の大間々駅で点灯式が行われ、ホームを結ぶ陸橋や構内できらめく電飾が住民や鉄道ファンを楽しませた=写真。来年2月末まで。
沿線3市(桐生、みどり、栃木・日光)の関係者が電飾のスイッチを押し、一斉に光に包まれると来場者は歓声を上げ、拍手を送っていた。全17駅の発光ダイオード(LED)の合計は過去最高の50万球となった。
点灯式は沿線住民らでつくる実行委員会が毎年行い、13回目。連日、午後5時から各駅の最終列車通過まで点灯する。

地図

地図を開く 近くのニュース