「鬼押出し園」白と黒の絶景 冬季営業スタート

上毛新聞
2016年11月30日
1130%e9%ac%bc%e6%8a%bc%e5%87%ba%e3%81%97%e5%9c%92-%e7%99%bd%e3%81%a8%e9%bb%92%e3%81%ae%e7%b5%b6%e6%99%af

浅間山麓に広がる「鬼押出し園」(嬬恋村鎌原)の冬季営業が28日、始まった。国内外から訪れた観光客が、ごつごつとした溶岩石と真っ白な雪の冬ならではの光景を楽しんでいる=写真。
冬季営業は2006年以来、10年ぶり。同園を含む浅間山北麓が「日本ジオパーク」に認定されたことや開園65周年に合わせ、再開した。浅間山観音堂を巡る約1キロのコースの散策が楽しめ、降雪状況によっては雪遊び体験も行う。
担当者は「白と黒のコントラストの絶景を楽しんで」と話している。入園料は、中学生以上500円、小学生250円。問い合わせは同園(0279・86・4141)へ。

地図 →

この付近の観光ニュース →

群馬

ふるさと納税の返礼に雪だるま 長野原

約17km