県道彩るグラデーション 那須塩原・スッカン沢周辺

下野新聞
2016年11月7日

那須塩原市湯本塩原のスッカン沢周辺でカエデやモミジが色づき、ドライブ客を楽しませている。

標高約1千メートルの同所は八方ヶ原の北に位置している。県道56号を矢板市側から下り始めると、ヘアピンカーブから眺望が開け、赤や黄、オレンジ色の自然美が眼下に広がった。

周辺の紅葉情報を発信している「山の駅たかはら」によると、紅葉のピークはやや過ぎているが今週末ごろまでは楽しめるという。

6日は県外ナンバーの車も多く見られ、終盤に差し掛かった「紅葉ライン」を満喫しているようだった。夫婦で訪れた下野市上古山、無職武田光市(たけだこういち)さん(75)は「楽しみで毎年来ている。グラデーションが見事ですね」と話していた。

写真


地図

地図を開く 近くのニュース