中禅寺湖畔、彩る紅葉 日光

下野新聞
2016年10月27日
群青色の湖面に際立つ八丁出島の紅葉=26日午前9時、日光市中宮祠

 奥日光の中禅寺湖畔を紅葉が彩っている。湖の南東部に突き出した「八丁出島(はっちょうでじま)」では、カエデやツツジなどが赤や黄色に色づき、青空色に染まった湖面に浮かび上がる。

 秋晴れとなった26日、八丁出島や男体山、日光白根山などを一望できる半月山(はんげつやま)展望台は、大勢の観光客や写真愛好家でにぎわった。

 夫婦で訪れた宇都宮市屋板町、会社員阿久津悦男(あくつえつお)さん(64)は、「ここまで来たのは初めてだが、素晴らしい眺めです」と話した。

 県日光自然博物館によると、湖畔の色づきのピークはやや過ぎているものの、今週末ごろまで楽しめるという。

動画

地図 →

この付近の観光ニュース →