笠間稲荷の大鳥居復活 「復興のシンボルに」

茨城新聞
2016年10月10日
161009kasamainari

東日本大震災による被害などで全5カ所の鳥居が撤去されていた笠間市笠間の笠間稲荷神社で、参道に新たな大鳥居が完成し、記念式典が9日、同所で開かれた。式典には約120人が参加。地元住民や観光客が見守る中、テープカットなどが行われ、鳥居復活を祝った。

完成した大鳥居は鉄骨造り。高さ約10メートルで、門前通りに面した参道入り口にそびえる。同神社伝統の落ち着いた朱色「笠間朱色」に塗られた。3月に着工し、半年以上かけて仕上げた。総工費は約9千万円で、全国各地から集まった寄付金で賄われた。

従来、この場所には高さ約8メートルの御影石製鳥居があったが、2010年10月に中貫部分が落下して撤去されていた。参道に並んでいた3カ所の石鳥居は震災で損壊、木製鳥居も風化が進んでいたことから、11年4月に併せて撤去され、鳥居がない状態になっていた。

式典では、小笠原流礼法にのっとった「蟇目(ひきめ)式」が実施され、柱の間にかぶら矢を通して清めた後、テープカットなどが行われた。

塙東男(はるお)宮司(71)は「寄付、支援いただいた方にお礼申し上げたい。茨城の復興のシンボルになると思う」と話した。大鳥居近くでいなりずし店を営む上地(うえち)勝広さん(65)は「風格のある鳥居が戻ってうれしい。門前通りの活性化につながるといい」と期待を寄せた。

地図 →

この付近の観光ニュース →

茨城

笠間稲荷、門前通り石畳に 稲田石使用、にぎわい創出へ

すぐ近く
茨城

笠間に秋 菊まつり開幕

約130m
茨城

美食家、こだわりの食器 笠間で魯山人展 12月4日まで

約520m
茨城

秋彩る陶工芸ブース 10日まで「笠間浪漫」

約2km
茨城

いなり寿司、独創性豊か 笠間でコンテスト

約2km
茨城

斬新発想の陶芸品完成 笠間、笠間高生と筑波大生連携

約2km