小中学生が孔子たたえる 足利学校でこども釋奠

下野新聞
2016年9月23日

 【足利】孔子とその弟子に供え物をささげて祭る伝統行事「釋奠(せきてん)」の祭官役を市内の小中学生が務める「こども釋奠」が22日、昌平町の史跡足利学校孔子廟(びょう)で行われた。公募で集まった小学5年~中学2年生計12人が参加し、祭壇に肉や魚などを供えて孔子をたたえる祝文を読み上げた。

 足利学校の釋奠は、室町時代に始まったとされる。途絶えていた時期もあったが、1907年からはほぼ継続して行われている。現在は市重要文化財に指定され、毎年11月23日に実施している。同校によると、国内で釋奠が行われているのは東京都の湯島聖堂など数カ所のみという。

地図 →

この付近の観光ニュース →

栃木
群馬

栃木で“上州の味” 登利平が足利に初進出

約2.9km
群馬

ユリ50品種 色とりどり 太田

約8.3km
栃木

きらめく 泳ぐ涼 佐野で金魚出荷ピーク

約9.3km
栃木

甘い桃 鈴なりに 佐野で収穫始まる

約10km
群馬

新緑に映えるアヤメ 県立多々良沼公園

約11km
群馬

赤ちゃん2年連続で 南米産キイロアナコンダ 太田

約13km