月は出なくても、秋堪能 蒲生神社の観月会で雅楽や舞 宇都宮

下野新聞
2016年9月17日

 【宇都宮】中秋の名月の15日、塙田5丁目の蒲生(がもう)神社(葭田孝(よしだたかし)宮司)境内で恒例の観月会が開かれた。時折雨が降る天候となり、月は観賞できなかったが、約200人が雅楽のみやびな響きや太々神楽の舞を堪能した。

 境内には特設舞台が設置され、草月流創作華道家、川村晃仙(かわむらこうせん)さんが制作した十五夜飾りが彩りを添えた。

 今回は初めて、近隣の小学3年から6年の5人が祭祀(さいし)舞を披露。八坂神社雅楽会による雅楽や、市無形文化財の同神社の太々神楽「恵比寿の舞」なども上演された。

動画

地図 →

この付近の観光ニュース →

栃木

県内4酒蔵巡るクーポンを販売 地酒などの特典も

約370m
栃木

バレエと音楽で青春描く 劇団四季ミュージカル アンデルセン 22日に県総合文化センター

約700m
栃木

下野新聞社が「観光ガイド」 県内の街歩き、温泉、食…700項目

約750m
栃木

3人制バスケ国際大会 7月、宇都宮で再び熱狂

約780m
栃木

95段一気 災い吹っ飛ぶ 宇都宮 天王祭で親子みこし対面

約780m
栃木

県内5屋台・山車初共演 県都パレードに2万人

約910m