月は出なくても、秋堪能 蒲生神社の観月会で雅楽や舞 宇都宮

下野新聞
2016年9月17日

 【宇都宮】中秋の名月の15日、塙田5丁目の蒲生(がもう)神社(葭田孝(よしだたかし)宮司)境内で恒例の観月会が開かれた。時折雨が降る天候となり、月は観賞できなかったが、約200人が雅楽のみやびな響きや太々神楽の舞を堪能した。

 境内には特設舞台が設置され、草月流創作華道家、川村晃仙(かわむらこうせん)さんが制作した十五夜飾りが彩りを添えた。

 今回は初めて、近隣の小学3年から6年の5人が祭祀(さいし)舞を披露。八坂神社雅楽会による雅楽や、市無形文化財の同神社の太々神楽「恵比寿の舞」なども上演された。

写真


地図

地図を開く 近くのニュース