修復、ご神体戻る 石岡・常陸国総社宮

茨城新聞
2016年9月10日

389年前の建造以来初の本殿全面修復が完了した石岡市総社2丁目の常陸国総社宮(石崎雅比古宮司)で、9日夜、工事中に仮殿に移されていたご神体を本殿に戻す「本殿遷座祭」が厳かに執り行われた。

総社宮によると、創建は約1300年前にさかのぼるが、境内最古の建造物となる本殿は1627(寛永4)年に建立され、市指定文化財でもある。老朽化と東日本大震災で建物の一部が破損し、修復を求める声が高まったため、2013年に本殿修復を決めた。今年2月にご神体を仮殿に移した上で、3月から大規模工事が行われた。

午後8時、氏子、自治体や神社関係者らが参列する中、神事が始まった。神楽殿前の仮殿に移されていたご神体は、神職が持つたいまつの火だけを頼りに、新しい本殿に静かに戻され、安置された。

地図 →

この付近の観光ニュース →

茨城

全国新酒鑑評会 「渡舟」2年連続金賞 石岡の府中誉

約660m
茨城

武将・戸沢政盛を顕彰 小美玉 5市町がサミット

約9km
茨城

甘い香り、バラ見頃 県フラワーパーク

約9.5km
茨城

ヤマユリ開花 甘い香り漂う 茨城県フラワーパーク

約9.5km
茨城

《旬のいちおし》石岡サヤインゲン シャキシャキの食感

約9.8km
茨城

筑波山系駆け巡ろう 石岡、8月27日トレイルラン

約10km